book思いがけず頂いた
『4つの気質と個性のしくみ』
という本

シュタイナーの人間観は
子育てにとても参考になるので

読もう読もうと思いながら
日々の生活に精一杯になっていたら

ど〜んと親子げんか勃発
朝1番から1日のエネルギー全部
使い果たしてしまいました。。。

これもよいきっかけと
入浴タイムうに少しずつ読み始めました

人間の気質には4つの種類があり

起こりっぽい『胆汁質』
ほがらかな『多血質』
のんびりした『粘液質』
きまじめな『憂鬱質』

この4つの気質が入り交じる割合で
1人1人の性格が異なるそうです

この間の親子げんかは
起こりっぽい『胆汁質』の子どもと
きまじめな『憂鬱質』の私のけんかに
のんびりした『粘液質』のダンナさんが仲裁に入るという。。。

ずっとなんとなく感覚的に感じていたことを
気質を40年にわたり研究してこられた
ドイツ人のヘルムート・エラーさんの言葉の中に見つける度
目からウロコでついついゆでだこになってしまいます(注:入浴中なので)

過去にも幾度となく
素晴らしいタイミングにシュタイナー関連の本を手にし
その度育児に光をあててもらいました

育児は育自、自分も育ってこそ
育っていく子どもと向き合えるのです

今回もまたそういうタイミングだったようです

TORO e TORO NEWS 更新しました
TORO e TORO NEWS

コメントは受け付けていません