POZO私がまだ小学生だったころ
祖父と妹や従妹たちと出かけた
帰り道の電車の中で
座席を祖父や幼い従妹達に譲って
ひとりふんばって立っていると

えべっさんに参られたであろう
笹をもったおじさんが
電車を降りる時に
『あんた席ゆずってえらかったから
これあげるわ』と
残り福餅をくれました

これが子ども心にとてもうれしく
祖母に話すと
『残りものには福があるというてな
先に人に譲る謙虚な気持ちが残ったものに
福を招くんやで』と教えてもらい
その日からそのことわざがとても好きになりました

そういう根っこの想いがあって今となっては
廃材や端材をリメイクする仕事をしているような気がします

そんなわけで
ポーランドのLA BAUMEから譲って頂いた
靴と鞄を作られた際に出た残りのレザーの形を見た時

このことわざがぽんと出て来るほど
そこには美しさと面白さがありました

ちょうどそこへ
EDANEさんからNEXT DOORの
5th Anniversaryへお招き頂いたので
とてもぴったりだと思い

生活の中でいつもそういうことを
感じてもらえますよう思いを込めて
残りレザーの面白い形を活かした壁飾りをお作りしました

ポーランド語で「残りの」
という意味の『Pozostała』から
『POZO』と名付けました

裏にはニュアンスを考えながら旦那さんと英訳した
『Leftovers can bring fortune.』を書き入れました

人生においてみても先に譲ったおかげで
もしかして遅れをとったり損をしてしまったように見えることも
後からちゃんとそれが福になるように思います

EDANE

LA BAUME

TORO e TORO NEWS 更新しました
TORO e TORO NEWS

コメントは受け付けていません